トップページ | HTML5編・目次

●HTML5におけるカテゴリー一覧表

公開日:

 HTML(4.01)やXHTMLのように、それまでは要素を大別するとブロック要素とインライン要素の2つに分類されてきましたが、HTML5ではそういった区別はしなくなり、目的に応じたカテゴリーという形で分けられ、HTML5の要素がどこに配置できるのか、要素ごとにどんなコンテンツを含ませることができるのかといった対象となるコンテンツごとに分類する「コンテンツモデル(Content models)」という概念に変わりました。では、カテゴリーにはどんなものがあるのでしょうか。以下、HTML5のおけるカテゴリーを説明しておきます。

カテゴリーの項目

・セクショニング・ルート(Sectioning root)
・スクリプト支援要素
・置換要素
・非置換要素
・コンテンツモデル(Content models)のカテゴリー
・パルパブル・コンテンツ(Palpable content)
・トランスペアレント・コンテンツ(transparent content)

■セクショニング・ルート

 セクショニング・ルート(Sectioning root)は、セクションのルートとなる独立したセクションを持つことができる要素が該当します。このセクショニング・ルートに属する要素自身は配置することにより、アウトラインを生成しますが、全体のアウトラインには影響を与えない特別な要素です。

・blockquote 要素
・body 要素
・details 要素
・fieldset 要素
・figure 要素
・td 要素

■スクリプト支援要素

 スクリプト支援要素は、要素自体は特に何かを表すわけではないのですが、ソースコードを記述することにより、スクリプトを利用できるようになります。

・script 要素
・template 要素

■置換要素

 要素内容が画像やアプリケーションなどの挿入されたコンテンツに置き換えられる要素は「置換要素」として分類することができます。

・area 要素
・audio 要素
・canvas 要素
・embed 要素
・hr 要素
・iframe 要素
・img 要素
・input 要素
・object 要素
・video 要素

■非置換要素

  置換要素に分類されない要素は「非置換要素」に分類されます。非置換要素は要素内容としての文字といったデータがそのままWebページに表示されます。

■コンテンツモデル(Content models)のカテゴリー

 コンテンツモデルは、要素がどの要素を内容として持つことができるかというルールを表します。HTML5のコンテンツモデルのカテゴリーは大きく以下の7種類が定義されています。

・メタデータ・コンテンツ(Metadata content)
・フロー・コンテンツ(Flow content)
・セクショニング・コンテンツ(Sectioning content)
・ヘッディング・コンテンツ(見出しコンテンツ:Heading content)
・フレージング・コンテンツ(文章内コンテンツ:Phrasing content)
・エンベッディッド・コンテンツ(組み込み、または埋め込みコンテンツ:Embedded content)
・インタラクティブ・コンテンツ(対話型コンテンツ:Interactive content)

 なお、この主要なコンテンツモデルのカテゴリーについては、別項の「HTML5におけるコンテンツモデル一覧表」および「HTML5におけるコンテンツモデル一覧表(詳細版)」にて詳しく解説しています。

■パルパブル・コンテンツ(Palpable content)

 パルパブル(Palpable)には、「容易に分かる」、「明白な」という意味があり、コンテンツモデルがフローコンテンツ、もしくはフレージングコンテンツとなる要素はこのパルパブル・コンテンツとなります。パルパブル・コンテンツに分類される要素は、hidden属性が指定されていない内容を最低でも1つは持つ必要があります。

・a 要素
・abbr 要素
・address 要素
・article 要素
・aside 要素
・audio 要素
・b 要素
・bdi 要素
・bdo 要素
・blockquote 要素
・button 要素
・canvas 要素
・cite 要素
・code 要素
・data 要素
・details 要素
・dfn 要素
・div 要素
・dl 要素
・embed 要素
・em 要素
・fieldset 要素
・figure 要素
・footer 要素
・form 要素
・h1~h6 要素
・header 要素
・i 要素
・iframe 要素
・img 要素
・input 要素
・ins 要素
・kbd 要素
・keygen 要素
・label 要素
・main 要素
・map 要素
・mark 要素
・menu 要素
・meter 要素
・nav 要素
・object 要素
・ol 要素
・output 要素
・p 要素
・pre 要素
・progress 要素
・q 要素
・ruby 要素
・s 要素
・samp 要素
・section 要素
・select 要素
・small 要素
・span 要素
・strong 要素
・sub 要素
・sup 要素
・table 要素
・textarea 要素
・time 要素
・u 要素
・ul 要素
・var 要素
・video 要素

■トランスペアレント・コンテンツ(transparent content)

 トランスペアレント(transparent)には「透けて見えるような」、「透明」という意味があり、トランスペアレント・コンテンツは親要素のコンテンツモデルを受け継ぐ要素です。例えば、親要素にarticle要素を持つa要素は、article要素のコンテンツモデルがフローコンテンツなので、親要素のコンテンツモデルを受け継ぎ、フローコンテンツを内容に持つことができます。

・a 要素
・audio 要素
・canvas 要素
・del 要素
・ins 要素
・map 要素
・noscript 要素
・video 要素

目次 | HTML5編・目次

Copyright (C) 2017 http://www.xml.vc/ All Rights Reserved.