トップページ | HTML5編・目次

●HTML5の文法をチェックする

 作成したHTML5文書の構文が正しく記述されているかどうかを検証するにはValidationサービスを利用します。検証サービスはほかにもありますがWebの標準仕様、各種仕様の策定を行っているW3Cが提供する「W3C マークアップ 検証サービス」を利用すると良いでしょう。英語ですが、無料のサービスです。このValidation サービスはHTML文書、XHML文書も検証してくれますが、同じようにHTML5文書の構文も検証してくれます。検証方法は、「Address(URL)を指定して検証」、「ローカルファイルをアップロードして検証」、「テキストエリアに直接入力して検証」の3つの方法があります。特にHTML、XHTML、HTML5といった種別を指定する必要はありません。構文を解析して自動的に検証してくれます。

※検証方法のそれぞれの英文は、“Validate by URI”、“Validate by File Upload”、“Validate by Direct Input”です。

 これらの中から、適した方法で検証してください。HTML、XHTML同様、構文をチェックしてくれます。HTML構文のHTML5文書、XML構文(XHTML構文)のXHTML5文書の構文が正しければ、“This document was successfully checked as HTML5!”と青色の帯で表示され、エラーであれば、“Error found while checking this document as HTML5!”と赤色の帯で表示してくれます。また、エラーであればエラーがどの部分にあるのかを教えてくれます。なお、Operaのブラウザを使って、XHTML同様、HTML5、XHTML5の文法チェックを行うこともできます。

■参考

サイト・目次 | HTML5編・目次

Copyright (C) 2011 http://www.xml.vc/ All Rights Reserved.