XHTML/CSS・トップ | HP編・目次

●ファイルを開く、保存する基本操作

 ここで言うファイルとは、HTML(XHTML)ファイル、CSSファイルまたは、ホームページ用のファイルのことを意味しています。それらのファイルをアプリケーションを使って、開いたり保存したりする基本的な操作の解説です。ホームページ用のファイルを作成するアプリケーションにはいろいろあると思いますが、ホームページ作成ソフト、テキストエディタ、一般のソフトウエアに通じる基本的な操作です。ちなみにウィンドウズに標準で付いている“メモ帳”もテキストエディタですから、ここで解説している操作は通用します。ここではそのメモ帳と種類の異なるブラウザでHTMLファイルを開く方法を解説しますが、基本的には作成ソフトやほかのソフトウエアにも通じます。ただし、アプリケーション、ソフトウエアによって多少、異なる場合がありますので確認しながら作業してください。

※用語補足
 アプリケーションはアプリケーション・ソフトウエアの略で、狭義語。それに対して、ソフトウエアは広義語ですが、以後、ソフトウエアで統一します。また、“メモ帳”はテキストファイルを作りますが、テキストエディタ機能を備えています。テキストファイルはファイルの種類のことで、テキストエディタはテキストファイルを編集するアプリケーション、ソフトウエアということになります。

■ファイルを開く↓

 方法は二つです。
@ 使用するソフトウエアを立ち上げ、「メニューバー」→「ファイル」→「開く」→「ファイルを選択するダイアログボックスが表示」→「目的のファイルを選択」※そのときにファイル名、ファイルの種類を選択します。

※ファイル名は新規作成以外、通常は目的のファイルをポイントします。また、ファイルの種類はHTMLファイル、CSSファイルなど該当するファイルの種類を選択しますが、適切なものを選ばないと開かないことがありますのでご注意ください。

メモ帳のテキストエディタを使って、ファイルを選択したところ。

A 「ファイルをマウスポインタでポイント」→「右クリック」→「ショートカットメニュー」→「プログラムから開く」→「サブショートカットメニュー」→「プログラムの選択」→「ファイルを開くプログラムの選択」ダイアルボックス(プログラム欄から目的のソフトウエアを探します。ない場合は次へ)→プログラム欄下の「参照」ボタンをクリック→「プログラムから開く」ダイアルボックスから目的のファイルを探します。目的のソフトウエアを探し出すとはダウンロードした場所つまりインストール先のことです。そこから該当する実行ファイルを選択します。ここで言う実行ファイルとは拡張子が「exe(ピリオドを合わせると「.exe」)」のプログラムのことです。ソフトウエアのショートカットアイコンがある場合はそれを選択します。以上の一連の作業の途中で目的のアイコンが表示されている場合はその時点でアイコンを選択します。ソフトウエア独特のアイコンを選択しましたら「ファイル名」「ファイルの種類」欄に適切なものを選択し、「開く」をクリックして完了です。以後、ショートカットメニューでソフトウエアが表示されるようになります。

 実際は複雑でファイルの種類によっては、@とAで開くことができたり、できなかったりするケースが出てきます。例えば、@の方法で、shtmlファイル(SSI用ファイル)のような特殊なファイルでもHP作成ソフトで、開いて編集できるようになります。(作成ソフトにもよりますが)また、ブラウザを例に取りますと、「ブラウザ起動」→メニューバーの「ファイル」→「開く、またはファイルを開く」→{「ファイルを開くダイアルボックス」→「参照」ボタンをクリック}(ブラウザによって省略されます。)→「ファイルを開く」ダイアログボックスでファイル名、ファイルの種類を選択することにより、規定のブラウザとは異なる別のブラウザで任意のHTMLファイルを開くことができるようになります。@とAのどちらの方法を取るかはできる方法、または、利便性のある方法を選択してください。

【参考画像】↓

ショートカットメニューから「プログラムの選択」を選んだところ。

※目的のアイコンが表示されていない場合は「参照」ボタンをクリックして次へ↓

プログラムの選択画面から「参照」ボタンをクリックしたところ。

※使用するソフトウエアのインストール先を探し出し、実行ファイルまたはショートカットアイコンを選択します。通常の保存先は「マイコンピュータ」→「ローカルディスク(C)」→「Program Files」の中に該当するソフトウエアのディレクトリがあります。保存先を変更した場合は、変更先のディレクトリから探してください。この方法で開くと以後、ファイルをポイントし、右クリックすると写真のようにショートカットメニューに適切なプログラムのアイコンが表示されるようになります。↓

ショートカットメニューのサブメニューに目的のアイコンが表示されるようになった。

■ファイルを保存する↓

 ファイルを保存するとき、メニューバーの「ファイル」→「名前を付けて保存」選択→「保存ダイアログボックス」が表示されるので保存先を選択します。その際、ファイルの種類の区別に注意してください。(適切なものを選ばないと失敗します。)また、必要に応じて文字コードを指定(選択)する場合があります。

【初心者のためのワンポイント】↓

 保存先の場所・階層を移動するには、ダイアログボックス上部の「保存する場所」のテキスト入力フォーム右の▼をクリックしてプルダウンメニューから移動先を選択するか“1つ上のフォルダへ“”新しいフォルダの作成“などの作業用ツール(アイコン)をクリックした組み合わせで移動します。(作業用ツール類にポインタを近づけるとなんのためのアイコンなのかツールチップで表示されます。)

【補足】↓

 ところでウィンドウズ版テキストエディタであるメモ帳は、“EUC-JP”の文字コードをサポートしていません。(ワープロソフトのワードパッドも)そのため、“EUC-JP”の文字コードで指定されたファイルをメモ帳のテキストエディタで開くと(日本語が)文字化けします。もし、“EUC-JP”の文字コードでファイルを保存したい場合は、“EUC-JP”の文字コードに対応したテキストエディタ(またはソフトウェア)を使うと良いでしょう。

【ワンヒント】↓

 “EUC-JP”の文字コードで保存されたファイルの文字化けを避けて閲覧するには、“EUC-JP”の文字コードをサポートしているソフトウエアで開くと文字化けを起こしません。(それでも文字化けが起こる場合は、そのソフトウエアで作り直せば大丈夫です。)Webページのページソースの場合は、ウィンドウズ版IE以外のブラウザでページソースを開き、HTML形式で表示させると文字化けしていませんのでメモ帳なり、テキスト形式で一度、保存します。次に拡張子をhtmlに変更し、ファイルには“EUC-JP”の文字コード指定のまま、ASCIIコードで保存すれば文字化けは避けられます。(ただし、閲覧目的です。アップロードする場合は、EUC-JPの文字コードで保存する必要があります。)

※文字コードについては別項を参照にしてください。

XHTML/CSS・目次 | HP編・目次

Copyright (C) 2006 http://www.xml.vc/