XHTML/CSS・トップ | HP編・目次

●拡張子の表示と変更

 当サイトは拡張子が表示されていることを前提に解説しています。また、メモ帳であるテキストファイルから外部スタイルシートであるCSSファイルを作る場合は、ファイル名内の半角のピリオド「.」に続く、拡張子「txt」を「css」に変更しないと作れません。ここでは通常の拡張子の表示と変更方法をウィンドウズXP環境で解説します。

フォルダオプションの画像

 マイドキュメント・マイピクチャ・マイミュージック・マイコンピュータなどのマイフォルダか、あるいは通常のフォルダ類からメニューバー項目の「ツール」→「フォルダオプション」→「表示」のタブを選択します。次に、「詳細設定」のスクロールバーをスライドさせ、「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外します。「OK」をクリックします。これで完了です。以後、ファイルの拡張子は表示されるようになります。拡張子を変更するには目的のファイルをポイントし、右クリックからプルダウンメニューを表示させます。その中の「名前の変更」の項目を選択します。拡張子を変更します。そのときに、ファイル名も必要なら変更します。拡張子を変更するとき、「拡張子を変更すると、ファイルが使えなくなる可能性があります。変更しますか?」の警告のダイアログ(ボックス)が表示されますが、そのまま「OK」をクリックします。拡張子を変更するとファイルのアイコンも変更になりますので、目的のアイコンか確認します。誤って、拡張子を間違えてもあわてず、予定の拡張子か元の拡張子に変更すれば通常、問題は起こりません。(Windowsやアプリケーションの重要なファイルの拡張子を変更するとWindowsやアプリケーションが動作しなくなりますがホームページ作りに関連するファイルであれば特に問題は起こりません。)

XHTML/CSS・目次 | HP編・目次

Copyright (C) 2006 http://www.xml.vc/