XHTML/CSS・トップ | HP編・目次

●検索サイトの登録について

 検索サイト、サーチエンジン、検索エンジン、検索サービス、いろいろな呼称があると思いますが、すべて同義語とします。検索エンジンはディレクトリ(カテゴリ)型、ロボット型に大別されますが、現在は二つを併せた複合型が主流となっています。

 完成したホームページを簡単に検索サイトへ登録手続きすることができることをウリにしているホームページ作成ソフトもありますが、実際には無理なのではないでしょうか。検索サイトに登録するにはご自身で検索サービスのサイトへ直接アクセスして自分のサイトの登録をする必要があります。簡単なものから少々、面倒な手続きを要するものもあります。

 検索サービスの大手はディレクトリ型検索のYahoo! JAPAN(実際はロボットエンジンとの併用ですが)とロボット型検索のGoogleの二大検索サービスでしょう。そして、MSN サーチです。もうひとつ加えるとすればgooでしょうか。しかし、gooもGoogleのデータベースを使っています。そのほかの多くの検索サービスもGoogleのデータベースを使っています。従って、Yahoo! JAPANかGoogleにあなたのサイトを登録すれば大幅なアクセスアップが見込めると思います。手続きの方法は違いますが、どちらもサイトから手続きすることができます。ただし、登録手続きを行っても登録されないことがあるのはご存知だと思います。また、登録までかなりの時間を要することもあるようです。

 商業サイトなら有料で登録するのも一考だとは思いますが、個人サイトの場合、有料で登録するだけの意義があるかどうか良く検討する必要があると思います。また、有料でも仲介業者を介するのではなく、直接申し込む方法があるのですから、そちらのほうが確実で無難だと思います。

 それから無料でホームページを公開してもらっている代わりとして広告が入っているサイトを見かけますが、もったいないと思います。どんなサイトでもその人の個性が必ずあるはずです。その個性を失う代償が広告だとしたら寂しいと思います。プロバイダに加入していればそのプロバイダのホームページ公開サービスを無料で利用できると思うのでそちらを利用することをおすすめします。

 ところでホームページは検索サイトに登録しなければアクセスアップは見込めないのでしょうか?そんなことはありません。ビジターにとって魅力のある、またはメリットのあるホームページであれば自然とアクセスは増えてきます。逆にビジターになんのメリットもない、魅力のないホームページは有料で登録したとしてもビジターは訪れてくれません。ポイントは検索サイトの検索結果に表示されるようなページから最終的にハイパーリンクでつながっていれば大丈夫だと思います。(実のところ、これが難しいのですが・・・。)もし、リンク登録のあてがないのなら、加入しているプロバイダのサイトでホームページの登録ができるはずなので、あなたのサイトを登録しておきましょう。そして、徐々に他サイトのリンク集に登録してもらうと良いでしょう。

XHTML/CSS・目次 | HP編・目次

Copyright (C) 2005 http://www.xml.vc/