XHTML/CSS・トップ | HTML編・目次

●ブロック要素とインライン要素

 HTML4.01、XHTML1.0、XHTML1.1とスタイルシートを考慮しての各一覧表です。

■ブロック(bloc)要素一覧表

 ブロック要素(ブロックレベル要素とも言う)とは、HTMLの骨格となすもの。Webページにおいてスペースを取るもの。HTMLのbody要素に直接配置できるもの。(必ずしも見えるものとは限らない。)正確に言いますと、前後が改行されるのがブロック要素です。この場合の改行とはブロック要素を配置したとき、前後に1行分のスペースがあることを指しています。

要素名 意味・用途・目的 参考(DOCTYPE宣言)
address アドレス(連絡先)  
blockquote 長い引用文  
center 中央揃え Transitional、Framesetのみ使用可
div 分割, 区分された特定の範囲 align属性はTransitional、Framesetのみ使用可
dl 用語とその説明(文) compact属性はTransitional、Framesetのみ使用可
fieldset 送信フォーム部品のグループ化  
form 送信フォーム部品のすべて target属性はTransitional、Framesetのみ使用可
h1〜h6 見出しレベル1〜6 align属性はTransitional、Framesetのみ使用可
hr 水平線(区切り線) align、size、width、noshade属性はTransitional、Framesetのみ使用可
noframes フレーム表示されないときのコメント用 Transitional、Framesetのみ使用可
ol 番号付きリスト type属性、compact属性、start属性はTransitional、Framesetのみ使用可
p 段落としての文章 align属性はTransitional、Framesetのみ使用可
pre 整形したとおりのテキスト表示 width属性はTransitional、Framesetのみ使用可
table テーブル(表) align属性、bgcolor属性はTransitional、Framesetのみ使用可
ul 番号なしリスト type属性、compact属性はTransitional、Framesetのみ使用可

【ポイント】

1. 参考欄が空白の要素名はHTML4.01、XHTML1.0、XHTML1.1の各DTDで使えます。(以下の表も同じです。)

2. 「Transitional、Framesetのみ使用可」と書かれている場合は、HTMLとXHTMLのTransitional DTD、Frameset DTDで使えます。

3. Framesetはフレーム(ページを幾つかの区画に分割)を使えるという点を除けば、Transitionalと同じ位置付けです。

4. XHTMLで使える要素、使えない要素および、XHTMLにおける、lang属性、xml:lang属性、xmlns属性、style属性については「XHTMLのルール」をご参照ください。

5. XHTML Basicについては割愛させていただきました。

6. 汎用属性
上記の各要素でclass、id、title、style、dirの汎用属性が使えます。また、lang属性はXHTML1.1で使えません。xml:lang属性はHTMLで使えません。汎用属性も含め、各要素に対して使える属性、使えない属性につきましては、「資料・チャート」の要素・属性対応一覧表をご参照ください。

■インライン(inline)要素一覧表

 インライン要素とはブロック要素または、文章の中に含まれる要素のことです。前後は改行されません。

                     
要素名 意味・用途・目的 参考(DOCTYPE宣言)
a リンク(anchor=アンカーとも言う) target属性はTransitional、Framesetのみ使用可
abbr 略語表示  
acronym 頭字語(頭文字語)  
applet Javaアプレット Transitional、Framesetのみ使用可
b 太字  
basefont 基準となるフォント名・色・フォントサイズ Transitional、Framesetのみ使用可
bdo 文字の方向(右から左への言語指定または左から右)  
big 大きめのフォント  
br 改行 clear属性はTransitional、Framesetのみ使用可
button ボタン  
cite 出典・参照先(イタリックで表示)  
code ソースコード  
dfn 用語解説の該当用語をイタリックで表示  
em 強調(イタリック表示)  
font フォント名、色、フォントサイズを一括指定 Transitional、Framesetのみ使用可
i 斜体(イタリック)  
iframe インラインフレームの配置用 Transitional、Framesetのみ使用可
img 画像 ※注
input 送信フォームの入力用部品 align属性はTransitional、Framesetのみ使用可
kbd キーボード入力文字形式として表示  
label フォーム部品としてのラベル  
map イメージマップ(画像の中のリンク部分) name属性はXHTML1.1で使用不可
object さまざまな形式のデータを配置 ※注
q 短めの引用文(blockquote参照)  
s 取り消し線(打ち消し線) Transitional、Framesetのみ使用可
samp サンプル形式表示(プログラムやスクリプトからの出力サンプル)  
select 選択画面入力用部品(プルダウンメニュー)  
small 小さめの文字  
span 特定の範囲に使用  
strike 取り消し線(打ち消し線) Transitional、Framesetのみ使用可
strong より強調(太字で表示)  
sub 下付き文字  
sup 上付き文字  
textarea 複数行のテキスト入力フィールド  
tt 等幅フォント  
u 下線 Transitional、Framesetのみ使用可
var 変数、引数とわかるように文字表示  

【ポイント】

1. a要素のname属性はXHTML1.1、XHTML Basicで使用不可です。XHTML文書におけるname属性についての注意点は、「XHTMLのルール」の「XHTML文書におけるname属性とid属性」をご参照ください。

2. ※注:
img要素、object要素におけるalign、boder、hspase、vspase属性は、HTMLとXHTMLのTransitional、Framesetでしか使えません。

■置換インライン要素一覧表

 インライン要素の中で画像やフォーム部品など、ほかのものに置き換わる要素のことを置換インライン要素と言います。または、インライン要素の中で幅と高さがあるものを指しています。幅と高さが決まっていないインライン要素のことを非置換インライン要素と呼ぶこともあります。

要素名 意味・用途・目的 参考(DOCTYPE宣言)
img 画像 ※注
input 送信フォームの入力用部品 align属性はTransitional、Framesetのみ使用可
object さまざまな形式のデータを配置 ※1
select 選択画面など操作手順全体として使う  
textarea 複数行のテキスト入力フィールド  

■参考ページ

XHTML/CSS・目次 | HTML編・目次

Copyright (C) 2004 http://www.xml.vc/