XHTML/CSS・トップ | HTML編・目次

●HTMLについて

 HTMLの最終バージョンは、1999年12月24日にW3Cから勧告されたHTML4.01で一度打ち切られました。そして流れとしてはXHTML、XMLの方向へと向かっていました。ちなみにXMLとは、eXtensible Markup Language (エクステンシブル・マークアップ・ランゲージ)の略で、拡張可能なマークアップ言語という意味があります。XHTMLはその中間にあるもので、なかなか実装が進まない現状を踏まえ、HTMLをXMLに適合するように再定義したものです。どちらもW3C®によって、仕様が策定されています。XHTMLには2000年1月26日に勧告されたXHTML1.0と2001年5月31日に勧告されたXHTML1.1の2種類のバージョンがあり、開発が進められていたXHTML2.0は草案の段階にありましたが、W3Cは2009年7月2日にXHTML2.0策定の打ち切りを決定し、HTML5の標準化へ大きく方向転換することになりました。HTML5はWebアプリケーションを前提にした仕様である“Web Applications 1.0”という技術にフォーム要素に豊富な機能を備えた“Web Forms 2.0”という技術を組み合わせたものが最終的にHTML5の仕様となりました。XHTML、XMLが期待したほど普及しなかったということもありますがテキストベースの作りで閲覧を主眼にしていたXHTMLやXMLでは機能に制限があり、拡張されたWebページが作れないことから、いずれHTML5へ移行することが期待されます。(ただし、HTML5には厳格なルールがあります。)

 現在、HTML5の仕様は2011年5月25日に最終草案(Last Call Working Draft)となり、2014年までの勧告を目指しています。

 HTML4.01とXHTMLのことにもう少し説明しておきます。HTML4.01には、HTML4.01 Transitional、HTML4.01 Frameset、HTML4.01 Strictの3種類のDTD(〜.dtdで終わる文書型定義)があります。同じく、XHTMLにはXHTML1.0とXHTML1.1のバージョンがあります。そして、XHTML1.0にも3種類のDTD(Transitional、Frameset、Strict)があります。XHTML1.1に種類別はありません。また、XHTMLには携帯電話やPDAをはじめとするモバイル端末向けのモジュールであるXHTML Basicもあります。2000年12月19日にW3Cから勧告されました。

 DTDの種類やバージョンの確認はブラウザメニューの「表示」→「ソース」または「ページソース」を選択されるとHTMLソースが記載されたテキストファイルが表示されますので、一番上(文頭)に記載されたDTDから情報を得ることができます。DTDまたはDOCTYPE宣言の書かれていないHTMLもありますが、記載するのが正式な仕様です。(ちなみに単に<html>だけの場合はHTML4.01 Transitionalと同じになります。)XHTMLにおいてもXML宣言のあるものないもの、DOCTYPE宣言において、http://〜のURLのあるものないものまで含めると多くのDTDが存在しますが、型は決まっていますので詳しくは別項のDTDの解説をご参照ください。

 もう少し補足すると、「HTML4.01 Transitional」は非推奨の要素や属性を使えます。「HTML4.01 Frameset」はフレームを使用するときに指定します。フレームは使用しますが非推奨の要素や属性を利用できるという点では、「HTML4.01 Transitional」と同じです。XHTML1.0はHTMLで使用できる要素や属性を基本的には利用することができますが 使える要素や属性はバージョンが上がるにつれ、厳しくなっています。つまり、HTML、 XHTML1.0、XHTML1.1の作り方の違いはDTDの種類とバージョンによって使える要素・属性、使えない要素・属性があります。HTML5はやや異なっていてDTDはありませんんが、HTML構文のHTML5文書とXML(XHTML)構文のXHTML5文書の2種類があります。しかし、いずれの文書も文法に沿った記述やルールに沿った記述をすればそんなに難しいわけではありません。

 当サイトで解説しているCSSの書式は「HTML4.01」、「XHTML」、「HTML5」のいずれの場合であっても基本的には対応しています。バグのあるものや筆者の環境でレイアウトを確認できないものはその旨、記載しています。

XHTML/CSS・目次 | HTML編・目次

2006年3月18日 更新
2011年7月 3日 更新

Copyright (C) 2004 http://www.xml.vc/ All Rights Reserved.