XHTML/CSS・トップ | 検証・目次

●XHTMLの検証をする

 作成したXHTML(HTML)のWeb文書の構文が正しく記述されているかどうかを検証するにはWebの標準仕様、各種仕様の策定を行っているW3Cの提供する「W3C マークアップ 検証サービス」を利用すると良いでしょう。オール英語ですが、無料のサービスです。CSS 検証サービス同様、「Address(URL)を指定して検証」「ローカルファイルをアップロードして検証」「テキストエリアに直接入力して検証」の3つの検証方法があります。適した方法で検証してください。HTML、XHTMLの各DTD(文書型定義)および、バージョン別にWeb文書の構文をチェックしてくれます。

・「The W3C Markup Validation Service(W3C マークアップ 検証サービス)」
 http://validator.w3.org/

 検証したいファイルのソースをテキストエリアに入力して検証を行った場合、ソースが長いと結果が反映(表示)されないことがあります。その際は、ほかの方法を選択してください。ローカルファイルをアップロードして検証する方法はご自身のパソコン上のファイルをアップロードして検証する方法のことです。1行テキスト入力フォーム横の「参照」ボタンをクリックすると「ファイルの選択」画面が表示されますのでアップロード対象のファイルを選択して、“check”ボタンをクリックします。すでにアップしているWeb文書がある場合は、Address欄にURLを指定して検証することができます。検証条件は、Web文書にDTD(文書型定義)が記載されていればそのバージョンに沿ったチェックが行われますので、CSS検証サービスのように検証条件を選択する必要はありません。“Error(エラー)”の場合は、画面中央に、“This page is not Valid XHTML 1.1!”と赤い文字列として表示され、“not”の文字が入っていますので、“Error(エラー)”部分を確認、修正の上、再度検証します。成功した場合は、“This Page Is Valid XHTML 1.1!”と青色の文字列で表示されます。Address欄にURLを入力して正当なWeb文書と検証された場合、次のようなソースが記載されています。(正当なXHTML(HTML)文書の検証結果を証明するアイコンのようなものです。)

【XHTML】↓

<p>
 <a href="http://validator.w3.org/check?uri=referer"><img src="http://www.w3.org/Icons/valid-xhtml11" alt="Valid XHTML 1.1" height="31" width="88" /></a>
</p>

※referは、引用する。参照する。帰する。〜に属するものとするという意味があり、検証結果を表示させるWebページまたは、アイコンを表示させているWebページのURLを“referer”と置き換えて記載します。

 マークアップ検証結果のページで表示されているアイコンはあなたのパソコンに(PNGまたはGIFのフォーマットとして)コピーまたはダウンロードすることができます。上記の <img src="〜" を <img src="アイコンへのパスまたはURL" として置き換えて使用することもできます。ここではW3Cの検証サービスのサイト上にあるアイコンを指定しています。)

※ダウンロードの方法はアイコンを右クリックして“名前を付けて画像を保存する”を選択します。

■参考

■Q&A

Q1 なんのために検証するのですか
A.自己流でWeb文書を作成していては文法ミスに気が付かない場合が多いし、上達しません。なによりもDTDの種類、バージョンごとに使える要素、使えない属性があります。多くのブラウザがありますし、また、ユーザーが利用するメディア形態はさまざまです。すべての環境で正しく文書を読み込ませるには検証サービスおよび、チェックを受けるのが最善であり、一番手っ取り早いのです。

Q2 アイコンは表示させたほうがいいのですか
A.あなたが、相互操作可能なWebページを作成するために注意を払ったことをあなたの読者に知らせるために、あなたは、検証するどのようなページのこのアイコンを表示してもよいことになっています。しかし、必ずしも表示させる必要はありません。サイトの趣旨、必要性にもよるでしょう。ただし、マークアップ検証そのものは受けたほうが良いでしょう。

Q3 アイコンは正しいXHTML、HTML文書作成の証明になるのですか
A.(検証が最新のWeb文書の結果であれば)なります。

XHTML/CSS・目次 | 検証・目次

Copyright (C) 2006-2007 http://www.xml.vc/