XHTML/CSS・トップ | CSSプロパティ・目次

●幅と高さの基本

 widthは幅をheightは高さを指定するプロパティです。両方とも非置換インライン要素と表関係の一部を除いたすべての要素に指定できます。また、置換インライン要素のような高さや幅が決められる要素にも指定できます。

 ブラウザによって、幅と高さの受け止め方が違う点に注意します。特に、“Win IE Ver.6”はそれまでのIEの「標準モード」と区別して、「互換モード」と言われることがあります。具体的には“Win IE Ver.6”はパディング(padding)領域を含んだ枠線(border)までを幅と高さとして認識します。それに対して、W3C®の標準仕様に準じたブラウザ、または正確に対応したブラウザはパディングと枠線を除いた純粋な内容領域のみを幅と高さとして認識します。(実際はブラウザの種類やバージョンによってばらつきがあります。)width、heightプロパティを配置したときの注意点は各プロパティのところで解説します。


【CSS】

h2 {
 background-color: #800000;
 color: #ffffff;
 text-align: center;
 width: 80%;
 height: 15%
}

 レベル2の見出しにおいて、幅がWebページの80%、高さが15%で表示させています。(background-colorは背景色、colorはフォント色、text-alignは内容領域を行揃えさせるプロパティです。)


■値

 widthとheightプロパティが使える値として、長さを表す単位付きの数値とパーセンテージ(〜%)、および"auto"があります。

■関連ページ

XHTML/CSS・目次 | 領域(ボックス)・目次

Copyright (C) 2004-2007 http://www.xml.vc/