XHTML/CSS・トップ | CSSプロパティ・目次

●フォントの太さを指定

p {
  font-weight: bold;
}

 font-weightは、要素内のフォントの太さを指定するプロパティです。"bold"は、一般的な太字になります。そのほかの方法として、値を100、200、300、400、500、600、700、800、900(区切りの良い数字しか使えません。)のいずれかの数値を指定する方法もありますが、実質、二種類の太さでしか表示されません。(表示される太さはブラウザに依存します。)それから見出し(h1〜h6レベル)に太字を適用することはできますが、見出しの文字列そのものが太字で表示されるので指定してもあまり効果はありません。また、太字をどうしても使いたくない場合は"bold"の代わりに"normal"を指定します。"normal"は通常の太さで、数字の400に該当します。"bold"が700に相当します。ほかのキーワードとして、lighter、bolderがあります。lighterは指定したフォントが持つ太さより一段階細く表示し、bolderは一段階太く表示されます。

XHTML/CSS・目次 | フォント・目次

Copyright (C) 2004-2007 http://www.xml.vc/