XHTML/CSS・トップ | CSSプロパティ・目次

●セル内容の位置揃えを指定する

 表のセルには見出しセル(th)とデータセル(td)があります。セルの内容において、なにも指定しない場合は、見出しセルが上下左右とも中央揃え、データセルが左揃えの(上下に対して)中央揃えとなります。

 意図的にセルの内容を位置揃えさせることもできます。セル内容のテキストに対して、左揃え(left)、中央揃え(center)、右揃え(right)の行揃えを指定するときは text-align プロパティを使います。下は見出しセルの内容を左揃えに指定しています。


【CSS】

th {
 text-align: left
}


 セル内の上下方向に位置揃えするときは vertical-align プロパティを使います。使える値には top(上揃え)、middle(上下に対しての中央揃え)、bottom(下揃え) があります。下はデータセルの内容を上揃いに指定しています。

【CSS】

td {
 vertical-align: top
}

 そのほかの使える値として、baseline(ベースライン)がありますが、本稿は割愛します。


※関連ページ

XHTML/CSS・目次 | テーブル(表)・目次

Copyright (C) 2004-2007 http://www.xml.vc/