XHTML/CSS・トップ | CSSプロパティ・目次

●行の高さについて

  line-heightは、文字列(行)と文字列(行)の間の高さを指定するプロパティです。適度に高さがあったほうが読みやすいと思いますので、値を変えてちょうど良い高さを指定します。ブラウザの種類とバージョンによってはバグが多いことで知られていますが、最新のブラウザ(バージョン)は対応しています。


p {
 line-height: 1.5
}


※数値だけを指定した場合は、フォントサイズにその数値を掛けた高さになります。ちなみに、ここのWebページの文字列の高さは1.4です。また、値に長さを表す数値やパーセント(%)を使うことも可能です。その場合、実質の高さはブラウザに依存します。また、キーワードとして、normal(=普通の)が使えます。

XHTML/CSS・目次 | テキスト・目次

Copyright (C) 2004-2007 http://www.xml.vc/