XHTML/CSS・トップ | CSSソース・目次

●サイトのCSSソースについて

 実のところ、ここにわざわざCSSソースを公開しなくても、誰にでもCSSファイルを見ようと思えば見ることができます。これはホームページなどを作って、ある程度ディレクトリ階層に慣れていればわかります。

 例えば、筆者のサイト・トップページのHTMLソースのリンク要素、<link rel="stylesheet" type="text/css" href="Css/uranus.css">から、CSSファイル名は拡張子を合わせて、「uranus.css」で、CSSファイルが入っているフォルダ名が「Css」とわかります。従って、CSSファイル「uranus.css」のURLはサイトのURL情報より、"http://www.xml.vc/Css/uranus.css"であると推察されます。(実際そうです。)試みに、アクセスしてみるとテキストファイル形式で表示されます。

 筆者がスタイルシートを作り始めた頃は"ファイルのダウンロード"という形のダイアルボックスが表示されたのですが、今はそのまま表示されます。

 ほかの方法でWebページの外部スタイルシートであるCSSファイルをダウンロードすることも可能です。(※注)お使いのパソコン上の適当な場所にフォルダを用意しておき、CSSファイルをダウンロードしたいWebページにおいて、Webブラウザの「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリックして、先ほど用意したフォルダに保存すれば、HTMLファイルと一緒に「files」フォルダがHTTPでダウンロードされます。「files」フォルダ内には、CSSファイルもダウンロードされます。

保存するファイルの種類に‘Webページ、完全(*.htm;*.html)’を選択

 保存するファイルの種類として‘Webページ、完全(*.htm;*.html)’を選択すること。CSSファイル以外に画像ファイル(JPG、GIFなど)やJSファイル(JScript Script File)、そのほかのファイルがWebページに含まれている場合、それらも一緒にダウンロードされます。

※注:CSSファイルのダウンロード実現には、CSSファイルの拡張子がお使いのパソコンにおいて、登録されている必要があります。また、Webページそのものがサイトの指定(拒否)により保存できない場合があります。さらに、WebページがCSSファイルを使っていなければダウンロードされません。なお、最新のパソコンにはCSSファイルが登録されています。

 どうしてもうまくいかない場合は、CSSファイルがダウンロード後に常に開くような設定になっているか確認してみる必要があります。ご興味ある方は、筆者サイト内、「CSSファイルのアイコンと登録について」を参照してください。

XHTML/CSS・目次 | CSSソース・目次

Copyright (C) 2004-2008 http://www.xml.vc/