XHTML/CSS・トップ | XHTML・目次

●OperaでXHTMLの文法をチェックする

 Operaのブラウザを使って、XHTMLを検証する方法を解説します。(厳密にはW3Cのマークアップ検証サービスを利用しているのですが)特殊な使い方はありません。検証したいWebページの任意の場所で右クリックします。ショートカットメニューから「ソースの検証」を選ぶだけです。「HTMLソースの認証」ダイアログボックスが表示され、“このページをオンラインのHTMLソースコード検証システムにアップロードします。よろしいですか?”と書かれていますので、「OK」をクリックします。検証結果が表示されます。そこの中央に「This page is not Valid XHTML 1.1!」と“not”が入っていなければOKです。エラーの場合はエラー行または修正個所を確認の上、訂正して再度アップロードし、検証してください。

OperaでXHTMLソースの検証

 なお、この方法はWeb上のページだけでなく、PC上のXHTML(HTML)文書もアップロードして検証してくれますので非常に便利なツールです。PC上のHTMLファイルをOperaのブラウザで立ち上げるには、HTMLファイルをポイントし、右クリックするとショートカットメニューが表示されますので、その中の「プログラムから開く」を選択するとサブメニューが現れますので、Operaのブラウザを選択してください。表示されない場合や詳しい解説、Operaブラウザの入手方法は別項の「種類の異なるブラウザをインストールする」をご参照ください。併せて「XHTMLの検証をする」もご参照ください。

XHTML/CSS・目次 | XHTML・目次

Copyright (C) 2006-2007 http://www.xml.vc/